IMG_1594.jpg

83q83Q82F092E482E982C682A282A482B182C6.jpg男性では「ヒゲ」、女性では「産毛」を剃るというコト〜それが「顔剃り」つまり「シェービ ング」ということになります。

石鹸を泡立てて汚れをとり、蒸してヒゲ(産毛〜以降ヒゲと表記)を軟化させ、鋭い刃でヒゲも ろともに古い角質を取り除く・・剃り終えた後の爽快感は、洗顔の比ではないはず。
それが「至高のエステ」と言われる「顔剃り(シェービング)」の魅力のひとつです。剃り終え た肌は、古い角質を除去して新しい肌を世にだし、肌に刺激を与える事によりシワのできにくい 肌を作り上げられているのです。そして、歳を重ねた時に喜びとなるはずなのです。

男性では「キリッとした爽快感」を、女性には「ピンとした肌の張り」を感じられるはず。とく に女性の場合は、産毛が残った状態でのお化粧は「化粧ムラ」をおこします〜綺麗な女性は、肌 から生まれます。

シェービングのプロである理容店では、顔の上でブラシで泡を作り、蒸しタオルで顔を蒸した 後に、鋭利な刃でヒゲを剃り 落とす行為。日常では、T字カミソリなどを使用して行う行為で すが、間違ったやり方をしてしまうと肌を痛めてしまいます。ちなみに同じく日常的に使用する 道具としての電気シェーバーなどは、「剃る」というよりも「刈る」という事になります。現実 的な日常の中での「ヒゲを剃る」という事において、「剃る」と「刈る」この二つの行為を日常 で上手に使い分ける事が大切だと思うのです。そして、剃った後のスキンケアも大切です。それ ら全ての行為が「シェービング」という事に なります。

男女問わず肌から突出しているヒゲを取り除くわけですから、肌へのダメージを考えなければな りません。それはスキンケアということだけでなく、取り除く・・つまり、剃る/刈るという事で 、使用する刃の切れ味や用途などが問題になってきます。その道具に求める仕事と、切れ味など のメンテナンスも大事です。さらに、その前段階では、ヒゲが肌へダメージを残すことなく剃り 落す為の事前処置も大事になってくるのです。それら何かを怠っても、「シェービング」という 行為は成立しません。それらを踏まえた上で「シェービングライフ」を楽しんでいた だきたいと 思います。

83q83Q83r83M83i815B.jpg

838183C83N83q83Q.jpg

83q83Q8BB890B3TOP837B835E8393.jpg