IMG_1594.jpg

83N838983V83J838B83q83Q.jpg

83q83Q83J835E838D83OTOP.jpg

まずは古典的ヒゲデザインから基本を学べ!

様々なヒゲデザインがありますが、その中からhigedaviが選んだのが「古典的ヒゲデザインカタログ」ヒゲの生え方は十人十色でも、そのデザインからは何かヒントが得られるはず。20種類のデザインにはhigedaviが独断でつけた「wild」野性的「cool」都会的な格好良さ「dandy」大人的魅力を、それぞれ星で採点。またヒゲにおける長さの変化も色彩の変化と変化線(丸側長い>短い)で表記してます。それぞれのヒゲデザインをする際の参考にしてください。さらに従来のスタイルでなく、higedavi風に長さやデザインをアレンジしてあります。古典的とはいえ、そのまま現代のヒゲとしてもデザインされております。

01.jpg

アンカー:男臭いワイルドな感じを残しつつも、サイドのグラデーションが洗練された雰囲気を 演出します。口ヒゲの太さで、紳士的な雰囲気もアリの大人のヒゲデザイン。

02.jpg

エプロン:ビジネスの場でも対応できる、大人のヒゲスタイル。顎鬚から伸びる左右の角のグ ラデーションが洗練された雰囲気をデザインします。

03.jpg

カコミ:アンカーに対して、口ヒゲがあるぶん男臭さが印象づく。また顎鬚左右の角の長さもあり、さらに大人の雰囲気が濃くなります。個性的なビジネスの場に向いております。

04.jpg

カストロ:まさに男臭さと、大人の雰囲気の絶妙なバランスなデザイン。クールな雰囲気を出す には、ただ生やすだけじゃ駄目。色彩のグラデーションをつけると、そこに洗練された大人のデ ザインが生まれます。

05.jpg

インペリアル:下唇のヒゲから、顎のヒゲへつなげていくスタイル。正中線を強く意識させる ので、精錬さらたイメージを与えます〜でも、その印象強さから公なビジネスの場には難しいデ ザインでもあるでしょう。

06.jpg

ヴァンダイク:顎を覆い隠すほどのヒゲと、太めのサイド部位が印象的。そのデザインは大きな 男を想像させ、男臭さを印象づけられる。個性的な事を業とする場合には良いが、公なビジネス には向かない。

07.jpg

オールドダッチ:カストロスタイルをさらに男臭くしたデザイン。顎鬚下部の首部分をしっかり と切り揃えられるか否かで、イメージが大きく異なるので注意。

08.jpg

ハリウッディアン:顎を覆い隠すワイルドさもありつつ、サイドの鋭いグラデーションが精悍な 印象を与えます。丸と線で構成されたラインは、丸部位から長さが短くグラデーションしていき ます。そうする事により、強烈なイメージがありつつも大人な雰囲気を持つデザインとなります 。

step01TOP837B835E8393.jpg

step02TOP837B835E8393.jpg

step03TOP837B835E8393.jpg

82E282C182C482CD82A282AF82C882A283q83Q.jpg

83q83Q83r83M83i815B.jpg

838183C83N83q83Q.jpg

83q83Q8DEC82E88D9E82DETOP837B835E8393.jpg

83N838983V83J838B83q83QTOP837B835E8393.jpg

83q83Q8BB890B3TOP837B835E8393.jpg